[Tips][Button] クリックイベントを発生させる

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


外部から、ボタンのクリックイベントを発生させるには、PerformClickメソッドを使用します。

サンプルではButton2がクリックされたときに、Button1のクリックイベントを発生させています。

VBの例

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    MessageBox.Show("Button1がクリックされました。")
End Sub

Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
    'PerformClickを使用してButton1をクリックする
    Button1.PerformClick()
End Sub


C#の例

private void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    MessageBox.Show("Button1がクリックされました。");
}

private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //PerformClickを使用してButton1をクリックする
    Button1.PerformClick();
}

[Tips][Button] ボタンをクリックしたときに親フォームに返す値を設定する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


サブフォームでボタンがクリックされたときに、親フォームに返す値を設定するには、DialogResultプロパティを使用します。

DialogResultプロパティには、表1に示すDialogResult列挙体の値を指定します。

メンバ名 説明
Abort 中止を意味します
Cancel キャンセルを意味します
Ignore 無視を意味します
No いいえを意味します
None ダイアログボックスからNothingを返します。つまりダイアログボックスの実行が継続します。
OK OKを意味します
Retry 再試行を意味します
Yes はいを意味します

サンプルを実行するにはForm1とForm2を準備して下さい。

Form1にはButtonを1個貼り付け(Button1)。

Form2にはButtonを7個貼り付け(Button1~Button7)。

Button1~Button7のTextプロパティは、順にOK,Cancel,Abort,Retry,Ignore,Yes,Noとしてください。

親フォームに返す値を設定する

VBの例

'***** Form1のコード *****
'Form1 - Button1クリック時の処理
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    Dim frmDialog As New Form2
    Dim Result As System.Windows.Forms.DialogResult

    Result = frmDialog.ShowDialog()

    MessageBox.Show(Result.ToString() & "が選択されました。")
End Sub

'***** Form2のコード *****
'Form2ロード時の処理(各ボタンに親フォームに返す値を設定)
Private Sub Form2_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Button1.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.OK
    Button2.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Cancel
    Button3.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Abort
    Button4.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Retry
    Button5.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Ignore
    Button6.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Yes
    Button7.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.No
End Sub

C#の例

'***** Form1のコード *****
'Form1 - Button1クリック時の処理
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    Dim frmDialog As New Form2
    Dim Result As System.Windows.Forms.DialogResult

    Result = frmDialog.ShowDialog()

    MessageBox.Show(Result.ToString() & "が選択されました。")
End Sub

'***** Form2のコード *****
'Form2ロード時の処理(各ボタンに親フォームに返す値を設定)
Private Sub Form2_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Button1.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.OK
    Button2.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Cancel
    Button3.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Abort
    Button4.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Retry
    Button5.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Ignore
    Button6.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.Yes
    Button7.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.No
End Sub

[Tips][Button] ボタンの表面にイメージを設定する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ボタンにイメージを設定するには、Imageプロパティを使用します。アニメーションGIFも使用可能なのでインパクトのあるボタンにすることができます。

たとえば、下図(ButtonBase.gif)をボタン表面の画像として表示することができます。

ButtonBase.gif

 

ボタンの表面に画像を使用する例

 

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'イメージサイズが200x34なのでボタンサイズをそれに合わせる
    Button1.Width = 200
    Button1.Height = 34
    '画像がブルーなので文字を白にして見やすくする
    Button1.ForeColor = System.Drawing.Color.White
    'イメージをセットする
    Button1.Image = System.Drawing.Image.FromFile("ButtonBase.gif")
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    //イメージサイズが200x34なのでボタンサイズをそれに合わせる
    Button1.Width = 200;
    Button1.Height = 34;
    //画像がブルーなので文字を白にして見やすくする
    Button1.ForeColor = System.Drawing.Color.White;
    //イメージをセットする
    Button1.Image = System.Drawing.Image.FromFile("ButtonBase.gif");
}

 

[Tips][Button] ボタンの外観を変更する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


 

ボタンの外観を変更するには、FlatStyleプロパティを変更します。

メンバ名 説明
Flat コントロールがフラットに表示されます。
Popup マウス ポインタをコントロールの上に移動すると、コントロールの外観がフラットから 3D に変わります。
Standard コントロールは 3D 表示されます。
System コントロールの外観は、ユーザーのオペレーティング システムによって決定されます。

ボタンの外観を変更する例

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Button1.FlatStyle = FlatStyle.Flat
    Button2.FlatStyle = FlatStyle.Popup
    Button3.FlatStyle = FlatStyle.Standard
    Button4.FlatStyle = FlatStyle.System
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
{
    button1.FlatStyle = FlatStyle.Flat;
    button2.FlatStyle = FlatStyle.Popup;
    button3.FlatStyle = FlatStyle.Standard;
    button4.FlatStyle = FlatStyle.System;
}