[Tips][CheckedListBox] 項目を挿入する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


CheckedListBoxに項目を挿入するにはItems.Insertメソッドを使用します。(第1引数に項目挿入位置(0から始まるインデックス)を指定します。)

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "D", "E"}

    CheckedListBox1.Items.AddRange(strData)

    ' "C"を挿入します
    CheckedListBox1.Items.Insert(2, "C")
End Sub

c#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "D", "E" };
    checkedListBox1.Items.AddRange(strData);

    // 2番目に"C"を挿入します
    checkedListBox1.Items.Insert(2, "C");
}

[Tips][CheckedListBox]項目が選択されたときに、チェック ボックスを切り替える

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


 CheckedListBoxの項目が選択されたときにチェックボックスを切り替えられるようにするには、CheckOnClickプロパティを Trueにします。既定ではこのプロパティはFalseであるため、項目をマウスで最初にクリックしたときは、選択状態になるだけで、チェックボックスのオン/オフは切り替わりません。CheckOnClickプロパティをTrueにすることで、選択と同時にチェックボックスの状態が切り替わるようになります。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    CheckedListBox1.Items.Add("A")
    CheckedListBox1.Items.Add("B")
    CheckedListBox1.Items.Add("C")
    CheckedListBox1.Items.Add("C")
    CheckedListBox1.Items.Add("D")

    '項目の選択と同時にチェックボックスを切り替えられるようにする
    CheckedListBox1.CheckOnClick = True
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    checkedListBox1.Items.Add("A");
    checkedListBox1.Items.Add("B");
    checkedListBox1.Items.Add("C");
    checkedListBox1.Items.Add("C");
    checkedListBox1.Items.Add("D");

    //項目の選択と同時にチェックボックスを切り替えられるようにする
    checkedListBox1.CheckOnClick = true;
}

[Tips][CheckedListBox] 項目を追加する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


CheckedListBoxに項目を追加するにはItems.Addメソッドを使用します。また、Items.AddRangeメソッドを使用すると、配列項目を追加することができます。

VBの例1

'Items.Addでの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    CheckedListBox1.Items.Add("A")
    CheckedListBox1.Items.Add("B")
    CheckedListBox1.Items.Add("C")
    CheckedListBox1.Items.Add("D")
    CheckedListBox1.Items.Add("E")
End Sub

C#の例1

//Items.Addでの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    checkedListBox1.Items.Add("A");
    checkedListBox1.Items.Add("B");
    checkedListBox1.Items.Add("C");
    checkedListBox1.Items.Add("D");
    checkedListBox1.Items.Add("E");
}

VBの例2

'Items.AddRangeでの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E"}
    CheckedListBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

C#の例2

//Items.AddRangeでの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E" };
    checkedListBox1.Items.AddRange(strData);
}