Windowsアプリケーション

スポンサーリンク
Windowsアプリケーション

[ストアアプリ][入門] Step16. Borderコントロールを使用する ~RadioButtonをグループ化する~

今回はBorderコントロールを使用して、RadioButtonコントロールをグループ化する方法について見ていきます。 RadiButtonコントロールのグループ化 MainPage.xaml上に配置したすべてのRadi...
Windowsアプリケーション

[ストアアプリ][入門] Step2. 開発環境を入手しよう

Windows 8向けのストアアプリを開発するには、Visual Studioが必要です。 Visual Studio は無償版から有償版までありますが、個人で開発を楽しむ分には無償の Express版で十分です。 学生さんの場...
リフレクション

[リフレクション] すべてのメンバを取得する

すべてのメンバを取得するにはTypeクラスの GetMembersメソッドを使用します。 ここでの「すべてのメンバ」とは、メソッド、プロパティ、フィールドなどを指します。 例えば、以下のようなTestClassというクラスがある...
スポンサーリンク
リフレクション

[リフレクション] アセンブリのバージョンを取得する

アセンブリのバージョンを取得するには Assembly.GetExecutionAssemblyでアセンブリ情報を取得する 1.で取得したアセンブル情報の GetNmaeメソッドが返す Version情報を参照する という...
リフレクション

[リフレクション] アセンブリ名を取得する

アセンブリ名を取得するには GetTypeメソッドが返す、Assemblyプロパティを使用します。 AssemblyプロパティのLocationプロパティには、アセンブリのフルパスが格納されています。 PathクラスのGetFi...
リフレクション

[リフレクション] 自分自身のメソッド名を取得する

自分自身のメソッド名を取得するには、System.Refletion 名前空間にある MethodBase クラスが持つGetCurrentMethod メソッドを使用します。 以下に自分自身のメソッド名を取得する例を示します。 ...
リフレクション

[リフレクション] 自分自身のクラス名を取得する

自分自身のクラス名は GetTypeメソッドが返すオブジェクトに含まれています。 名前空間まで含めたクラス名を取得したい場合には FullNameプロパティを、クラス名のみを取得したい場合にはNameプロパティを参照します。 以...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その3 ~ フォーカス移動時のValidatingイベントを抑制する ~

前回までの記事はこちら Validatingイベントを使用する その1 ~ 基本的な使い方 ~ Validatingイベントを使用する その2 ~ ErrorProviderコントロールとの組み合わせ ~ ...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その2 ~ ErrorProviderコントロールとの組み合わせ ~

Validatingイベントを使用する その1 では基本的な使い方について説明しました。 今回は、Validatingイベントと ErrorProviderコントロールを組み合わせて、不正な文字が入力さている場合にエラーアイコンを表示す...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その1 ~ 基本的な使い方 ~

Windows Formアプリケーションで入力チェックを行うには Validatingイベントを使用します。 例として、以下のような画面で考えてみます。 データ1(テキストボックス)に不正な値が含まれている場合に、ほかの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました