VB.NET

スポンサーリンク
C#

[NUnit] Bool値をテストする

NUnitでは、Bool値(VB.NETの場合はBoolean型)をテストするために、以下のメソッドが用意されています。 メソッド説明 Assert.IsTrue(検証する値) または Assert.Tr...
C#

[NUnit] Nullや空文字かどうかをテストする

NUnitでは、Nullや空文字をテストするために、以下のメソッドが用意されています。 メソッド 説明 Assert.IsNull(検証する値) 検証する値がNull(*) である場合、テスト成功 ...
C#

[NUnit] テストケースを作成する

NUnitでは、TestCase属性を使用すると、1つのテストメソッドで複数のテストを実施することが可能になります。 TestCase属性を使用する場合は、Test属性は省略することができます。 TestCase属性の構文は以下の通...
C#

[NUnit] 許容誤差内であることをテストする

NUnitでは、ある値が許容誤差内に収まっているかどうかをテストすることができます。 Assert.AreEqualメソッドの第3引数に許容誤差を指定することができます。 以下は、実際の値が、期待値 ± 許容誤差 であるかどうか...
C#

[NUnit] 期待値と等しくないことをテストする

NUnitを使用して、等しくないことをテストしたい場合は Assert.AreNotEqualメソッドを使用します。 以下は期待値に5、実際の値を4として、等しくないことをテストする例です。 VB.NETの例 <Test...
C#

[Tips] App.config内の Value値で改行をしたい

C#で使用する外部設定ファイル内の Value値で改行をしたくて、以下のように \r\n を挿入してみましたがうまくいきませんでした。 <add key="M0001" value="hoge \r\n fuga"/> ...
C#

[LINQ to Xml] 要素を追加する

任意の要素を追加するには XElementクラスの Addメソッドを使用します。 以下のXMLファイルを準備して(前回までの記事を参照)、値を追加する方法について見ていきます。 Company.xml <?xml ver...
C#

[LINQ to Xml] XMLファイルを読み込む

XMLファイルを読み込むには、XDocumentクラスのLoadメソッドを使用します。 Loadメソッドの引数には、読み込むxmlファイルを指定します。 以下にXMLファイルを読み込む例を示します。 VBの例 Dim x...
C#

[LINQ to Xml] 属性を設定する

要素を作成する際に属性を設定するには XAttributeクラスを使用します。 今回作成するプログラムから作成されるXMLは以下の通りです。 部署にid属性を設定しています。 <?xml version="1.0" en...
C#

[LINQ to Xml] コメントを追加する

コメントを追加するには XmlCommentクラスを使用します。 今回作成するプログラムから作成されるXMLは以下の通りです。 2行目がXMLコメントです。 <?xml version="1.0" encoding="utf...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました