[Xamarin.iOS] 03.Labelプロパティ Tips

前回の記事「02.Labelコントロールとプロパティ操作」でLabelの操作方法がわかりましたので、今回はLabelのプロパティについて見ていくこととします。

ラベルテキストの色を変えるには?

ラベルのテキストを変えるには、Colorプロパティを使用します。

コードから変更したい場合はTextColorプロパティを使用します。プロパティパッドでは「Color」プロパティですが、コードではTextColorプロパティとなるので注意が必要です。

TextColorにはUIColorクラスが持つ色プロパティ(Red, Blue, Purple)を直接指定するかFromRGBメソッドかFromRGBAメソッドを使用して、色を作り出して指定します。

// 紫(Purple)を設定
lblTitle1.TextColor = UIColor.Purple;

// Red, Green, Blueの値を0から255の範囲で指定
// 以下はGreenを255に設定しているので緑が設定される
lblTitle2.TextColor = UIColor.FromRGB(0, 255, 0);

// Red, Green, Blue, Alphaの値を0から255の範囲で指定
// Alphaは透明度を表し、0が透明, 255が不透明
// 以下はRedを255に設定しているので赤が設定される
lblTitle3.TextColor = UIColor.FromRGBA(255,0,0,255);

Labelに影を付けるには?

Labelのテキストには影を付けることができます。

影を付けるには、ShadowプロパティとShadow Offsetプロパティの値を設定します。

Shadowは影の色を、Shadow Offsetは影の位置を表します。ShadowにLight Gray Colorを、Shadow Offsetの幅に2、高さに2を設定する例を以下にに示します。

続いてコードから影を設定する方法を見てみましょう。コードから設定するには、ShadowColorプロパティで影の色を、ShadowOffsetプロパティで影の位置を指定します。

// コードから影を設定する
lblShadow.ShadowColor = UIColor.Gray;
lblShadow.ShadowOffset = new CoreGraphics.CGSize(new CoreGraphics.CGPoint(3.0, 3.0));

フォントを設定する

フォントを設定するには、はじめにAttributeを選択します。Attributeを選択しておくことで、より多くのフォントの種類の中から選択をすることができます。

続いて使用したいフォントとサイズを選択します。

続いてコードからフォントを設定する例を見てみましょう。コードからフォントを設定するにはFontプロパティを使用します。また設定値にはUIFont.FromNameの値を指定します。第1引数はフォントファミリ名を、第2引数はフォントサイズを指定します。

// コードからフォントを選択する
lblFont.Font = UIFont.FromName("Times New Roman", 16f);