[C#入門]第12回 繰り返し処理 foreach文

はじめに

前回は、for文による繰り返し処理について説明しました。

今回は、foreach文による繰り返し処理について説明します。

目次

  1. foreach文の基本

1.foreach文の基本

はじめに、foreach文の基本書式を以下に示します。

foreach (変数 in コレクション) {
  // 処理
}

foreach文を使用すると、コレクションに入っているデータを変数に1つずつ取り出しながら繰り返し処理を行います。繰り返し処理が終了するのは、コレクションから全ての値を取り出し終わった時です。

以下に foreach文の使用例を示します。

この例は、配列 data から値を1つずつ取り出してコンソールに表示するというものです。

C#におけるforeach文の例
int[] data = { 1, 2, 3, 4, 5 };

foreach (int x in data) {
    Console.WriteLine(x);
}

 

VB.NETの場合は「For Each」というキーワードを使用します。C#のforeach文と同様の動作をします。

VB.NETにおけるSelect文の例
Dim data() As Integer = {1, 2, 3, 4, 5}

For Each x As Integer In data
    Console.WriteLine(x)
Next

 

Javaは、foreach文はありません。代わりに拡張 for を使用します。

拡張 for の書式を以下に示します。

for (変数 : コレクション) {
// 処理
}
Javaにおける拡張for文の例
int data[] = {1, 2, 3, 4, 5};

for (int x : data) {
	System.out.println(x);
}

 

swiftは、foreach文がありません、代わりにfor文を使用します。
for文によるコレクションからの値取得の書式を以下に示します。

for 変数 in コレクション {
// 処理
}
swiftにおけるfor文の例
let data = [1, 2, 3, 4, 5]

for x in data {
    print(x)
}