[TypeScript] TypeScript入門

はじめに

JavaScript は Web ブラウザで実行されるデファクトスタンダードな言語として有名です。また、サーバーサイドで動かすことも可能です。

JavaScript は汎用性が高く、ブラウザとテキストエディタさえあれば開発が可能な言語なのですが、動的型付け言語(変数に型がない)であること、プロトタイプベース(*1)のオブジェクト指向言語ということもあり、使いにくさを感じる開発者もいます。

そこで、JavaScript の動的型付けや文法の分かりにくさなどを緩和することを目的とした、AltJS(代替 JavaScript 言語)という、コンパイル(正確にはトランスパイルと呼ぶ)すると JavaScript のコードを生成できる言語が登場しました。

AltJS には CoffeeScript や PureScript といったものもあります。

本連載で取り扱う TypeScript も AltJS の1つで、Microsoft が 2012 年 10 月に発表した言語です。

今回は、TypeScript のはじめの一歩としてその特徴や開発環境の構築について説明します。

*1:プロトタイプと呼ばれるベースとなるオブジェクトをコピーする形で新規のオブジェクトを生成する

“[TypeScript] TypeScript入門” の続きを読む