[Mac] Parallels Desktop で Windows 11 をインストールする方法

スポンサーリンク

筆者は Intel CPUを搭載した Mac をメインマシンとして使用しているのですが、仮想化ソフトウェア Parallels Desktop を使用して Windows 11 をインストールしましたので備忘録として手順を残しておきます。

スポンサーリンク

環境

OS: macOS Big Sur 11.6
2.6GHz 6コア Intel Core i7
Parallels Desktop: 17.1.0

スポンサーリンク

Windows 11のインストール

はじめに https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11 にアクセスして、Windows 11 の ISOファイルをダウンロードします。

筆者は MSDN を契約しているので、そちらのサイトからダウンロードをしました。利用可能な環境からダウンロードをしてください。

Windows 11のISOダウンロード

Windows 11のISOダウンロード

続いて Parallels Desktop を起動して、コントロールセンターの右上にある[+]ボタンをクリックします。

コントロールセンター

コントロールセンター

次にインストールアシスタントが表示されますので「DVD/イメージファイルからWindows/その他 OS をインストール」を選択して [続行]ボタンをクリック。

インストールアシスタント

インストールアシスタント

次に ISO ファイルを選択します。通常は、Parallelsが自動で ISOファイルを探して選択をしてくれますが、うまく選択がされない場合には[手動で選択する]ボタンをクリックして、先程ダウンロードした ISOを選択します。

ISOファイルの選択

ISOファイルの選択

続いてライセンスキーを入力します。

ライセンスキーの入手

ライセンスキーの入手

次に、「Windows の主な用途」を選択して [続行] ボタンをクリックします。

「Windows の主な用途を入力」

「Windows の主な用途を入力」

続いて「名前と場所」を入力します。「名前」欄に任意の名前を入力し、「インストール前に構成をカスタマイズする」にチェックをつけます。このチェックをせずにWindows 11をインストールしようとすると失敗します。大事ですので忘れずにチェックをつけてから [作成] ボタンをクリックしてください。

「名前と場所」の入力

「名前と場所」の入力

次に「仮想マシン構成」の画面になりますので[構成ボタン]をクリックします。

仮想マシン構成

仮想マシン構成

「ハードウェア」タブを選択して[+]ボタンをクリックします。

「ハードウェア」タブの選択

「ハードウェア」タブの選択

「TPMチップ」を追加して構成ウィンドウを閉じます。

「TPMチップ」の追加

「TPMチップ」の追加

仮想マシン構成」の画面に戻りますので [続行]ボタンをクリックすると、WIndows 11のインストールが開始されます。

Windows 11のインストール

Windows 11のインストール

しばらく待つと Windows 11のインストールが完了します。

Windows 11 のインストール完了

Windows 11 のインストール完了

Windows 11 のインストール完了

Windows 11 のインストール完了

Please follow and like us:
Mac未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HIROs.NET Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました