[Tips][NumericUpDown] 3桁ごとに区切り記号表示する

NumericUpDownコントロールは、数値を3桁ごとに記号で区切って表示することができます。

桁区切り記号を表示する場合はThousandsSeparatorプロパティにTrueを設定します。

下記は桁区切り記号を表示する例です。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form5_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '最小値と最大値を設定
    NumericUpDown1.Minimum = 0
    NumericUpDown1.Maximum = 10000000000
End Sub

' [3桁ごとに区切り記号表示]チェックボックスのチェック状態変更時
Private Sub chkThousandsSeparator_CheckedChanged(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles chkThousandsSeparator.CheckedChanged
    '3桁ごとの区切り表示On/Offを切り替える
    NumericUpDown1.ThousandsSeparator = Not NumericUpDown1.ThousandsSeparator
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form5_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 最小値と最大値の設定
    numericUpDown1.Minimum = 0;
    numericUpDown1.Maximum = 10000000000;
}

// [3桁ごとに区切り記号表示]チェックボックスのチェック状態変更時
private void chkThousandsSeparator_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
{
    //3桁ごとの区切り表示On/Offを切り替える
    numericUpDown1.ThousandsSeparator = !numericUpDown1.ThousandsSeparator;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です