[Tips][OpenFileDialog] ダイアログの表示と選択されたファイルの取得

OpenFileDialogは、ファイルを選択するためのダイアログボックスです。

このダイアログを表示するにはShowDialogメソッドを使用します。

ShowDialogメソッドは、ユーザーがファイルを選択するとWindows.Forms.DialogResult.OKを返します。

選択されたファイルはFileNameプロパティで参照することができます。

下記は、OpenFileDialogを表示してユーザーが選択したファイルをテキストボックスに表示する例です。

画面デザインは下記のようにしました。

VBの例

' [ファイルの選択]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnOpenDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnOpenDialog.Click
    '★★★ダイアログボックスの表示★★★
    If OpenFileDialog1.ShowDialog() = Windows.Forms.DialogResult.OK Then
        '選択されたファイルをテキストボックスに表示する
        txtSelectedFile.Text = OpenFileDialog1.FileName
    End If
End Sub

C#の例

// [ファイルの選択]ボタンクリック時の処理
private void btnOpenDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★ダイアログボックスの表示★★★
    if (openFileDialog1.ShowDialog() == System.Windows.Forms.DialogResult.OK )
    {
        // 選択されたファイルをテキストボックスに表示する
        txtSelectedFile.Text = openFileDialog1.FileName;
    }
}

実行例は下図の通りです。

“[Tips][OpenFileDialog] ダイアログの表示と選択されたファイルの取得” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください