[Tips][ProgressBar] 進捗範囲の最小値と最大値を設定する

ProgressBarコントロールは進捗の範囲である最小値と最大値を設定することができます。

最小値はMimnimumプロパティに、最大値はMaximumプロパティに設定します。

下記は、進捗範囲の最小値をと最大値を設定する例です。

VBの例

' [Do Something]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnDoSomething_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnDoSomething.Click
    'プログレスバーの値を初期化
    ProgressBar1.Value = 0

    '★★★最初値と最大値を設定する★★★
    ProgressBar1.Minimum = 0
    ProgressBar1.Maximum = 50

    For I As Integer = 1 To 50
        Application.DoEvents()

        '200mSec スリープ
        System.Threading.Thread.Sleep(200)

        '値を進捗させる
        ProgressBar1.PerformStep()
    Next
End Sub

C#の例

// [Do Something]ボタンクリック時の処理
private void btnDoSomething_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // プログレスバーの値を初期化
    progressBar1.Value = 0;

    // ★★★最初値と最大値を設定する★★★
    progressBar1.Minimum = 0;
    progressBar1.Maximum = 50;

    for (int i = 0; i < 50; i++)
    {
        Application.DoEvents();
        // 200mSec スリープ
        System.Threading.Thread.Sleep(200);

        // 値を進捗させる
        progressBar1.PerformStep();
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です