[Tips][RichTextBox] RichTextBoxの内容をテキストファイルに保存する

RichTextBoxの内容をファイルに保存するには、SaveFileメソッドを使用します。

SaveFileメソッドの第1引数には書き込むファイルのパスを、第2引数にはRichTextBoxStreamType列挙体(入出力ストリームの型)の値を指定します。

RichTextBoxStreamType列挙体
メンバ名 説明
RichText リッチ テキスト形式 (RTF) ストリーム
PlainText プレーン テキスト ストリーム
RichNoOleObjs リッチ テキスト形式 (RTF: Rich Text Format) のストリーム
TextTextOleObjs OLE オブジェクトのテキスト表現を持つプレーン テキスト ストリーム
UnicodePlainText OLE オブジェクトの代わりに空白が含まれているテキスト ストリーム

下記はRichTextBoxの内容をテキストファイルに保存する例です。

[テキストファイルに保存]ボタンがクリックされたときに内容を保存します。

VBの例

' [テキストファイルに保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnSave_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnSave.Click
    '★★★RichTextBoxの内容をテキストファイルに保存する★★★
    RichTextBox1.SaveFile("C:\Work\Test.txt", RichTextBoxStreamType.PlainText)
End Sub

C#の例

// [テキストファイルに保存]ボタンクリック時の処理
private void btnSave_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★RichTextBoxの内容をテキストファイルに保存する★★★
    richTextBox1.SaveFile(@"C:\Work\Test.txt", RichTextBoxStreamType.PlainText);
}

“[Tips][RichTextBox] RichTextBoxの内容をテキストファイルに保存する” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください