[Tips][RichTextBox] キャレットの位置を取得する

[ad code=2 align=left]
キャレットの位置がどこにあるかを確認するには、SelectionStartプロパティを参照します。

またキャレットの位置が変更されたことを知るにはSelectionChangedイベントを使用します。

 

下記は、キャレットの位置を取得する例です。

SelectionStartプロパティとSelectionChangedイベントを利用して現在のキャレット位置をLabelコントロールに表示します。

 

 

VBの例

' 選択位置変更時の処理
Private Sub RichTextBox1_SelectionChanged(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles RichTextBox1.SelectionChanged
    '★★★キャレットの位置をラベルに表示する★★★
    Label1.Text = "キャレット位置:" & RichTextBox1.SelectionStart.ToString()
End Sub

 

C#の例

// 選択位置変更時の処理
private void richTextBox1_SelectionChanged(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★キャレットの位置をラベルに表示する★★★
    label1.Text = "キャレット位置:" + richTextBox1.SelectionStart.ToString();
}

“[Tips][RichTextBox] キャレットの位置を取得する” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください