[Tips][RichTextBox] Undo/Redoを実行する

RichTextBoxコントロールでは、メソッドを使用してUndo/Redoを行うことができます。

Undoを行うにはUndoメソッドを、Redoを行うにはRedoメソッドを使用します。

また、Undo操作が可能かどうかを調べるにはCanUndoプロパティを、Redoが可能かどうかを調べるにはCanRedoプロパティを参照します。Trueであれば操作可能です。

 

下記はUndo/Redoを実行する例です。

[Undo]ボタン、[Redo]ボタンがクリックされると、Undo/Redoが可能かを判断して操作を実行します。

 

 

VBの例

' [Undo]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnUndo_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnUndo.Click
    'Undoできるか?
    If RichTextBox1.CanUndo = True Then
        '★★★ Undoを実行する ★★★
        RichTextBox1.Undo()
    End If
End Sub

' [Redo]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnRedo_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnRedo.Click
    'Redoできるか?
    If RichTextBox1.CanRedo = True Then
        '★★★ Redoを実行する ★★★
        RichTextBox1.Redo()
    End If
End Sub

C#の例

// [Undo]ボタンクリック時の処理
private void btnUndo_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // Undoできるか?
    if (richTextBox1.CanUndo == true)
    {
        // ★★★ Undoを実行する ★★★
        richTextBox1.Undo();
    }
}

// [Redo]ボタンクリック時の処理
private void btnRedo_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // Redoできるか?
    if (richTextBox1.CanRedo == true)
    {
        // ★★★ Undoを実行する ★★★
        richTextBox1.Redo();
    }
}

“[Tips][RichTextBox] Undo/Redoを実行する” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です