[Tips][TextBox] [Enter]キーでテキストを改行する

[ad code=2 align=left]

TextBox内で[Enter]キーで改行ができるようにするにはAcceptReturnプロパティにTrueを設定します。

ただしこのとき、MultilineプロパティがTrueである必要があります。

また、AcceptReturnがFalseの場合は[Ctrl]+[Enter]キーで改行することができます。

下記は[Enter]キーで改行ができるようにする例です。

CheckBox 「[Enter]キーでテキストを改行する」のチェック状態に合わせて[Enter]で改行するかどうかを切り替えます。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form4_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'AcceptReturnを有効にするにはMultilineプロパティにTrueを設定しておく必要がある
    TextBox1.Multiline = True
End Sub

' [Enter]キーでテキストを改行する チェック変更時の処理
Private Sub chkAcceptReturn_CheckedChanged(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles chkAcceptReturn.CheckedChanged
    If chkAcceptReturn.Checked = True Then
        '★★★[Enter]キーで改行できるようにする★★★
        TextBox1.AcceptsReturn = True
    Else
        '★★★フォームの既定のボタンをアクティブにする★★★
        TextBox1.AcceptsReturn = False
    End If
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form4_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // AcceptReturnを有効にするにはMultilineプロパティにTrueを設定しておく必要がある
    textBox1.Multiline = true;
}

// [Enter]キーでテキストを改行する チェック変更時の処理
private void chkAcceptReturn_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
{
    if (chkAcceptReturn.Checked == true)
    {
        // ★★★[Enter]キーで改行できるようにする★★★
        textBox1.AcceptsReturn = true;
    }
    else
    {
        // ★★★フォームの既定のボタンをアクティブにする★★★
        textBox1.AcceptsReturn = false;
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください