[Tips][TextBox] 指定した位置にある文字を選択状態する

TextBox内の指定した位置にある文字を選択状態するにはSelectメソッドを使用します。

第1引数には選択開始位置を、第2引数には選択状態にする文字数を指定します。

下記は指定した位置にある文字を選択する例です。

3文字目から8文字選択しています。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form14_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'フォーカスが外れても選択状態を維持する
    TextBox1.HideSelection = False
End Sub

' [文字を選択]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button1_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '★★★3文字目から8文字選択する★★★
    TextBox1.Select(3, 8)
End Sub

C#の例

[sourcecodelanguage=”CSharp”]
// フォームロード時の処理
private void Form14_Load(object sender, EventArgs e)
{
// フォーカスが外れても選択状態を維持する
textBox1.HideSelection = false;
}

// [文字を選択]ボタンクリック時の処理
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
// ★★★3文字目から8文字選択する★★★
textBox1.Select(3, 8);
}
[/sourcecode]

“[Tips][TextBox] 指定した位置にある文字を選択状態する” への1件の返信

  1. ピンバック: [Tips][TextBox] まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です