[Tips][WebBrowser] HTMLドキュメントを取得する

[ad code=2 align=left]
WebBrowserコントロールに表示されたページのHTMLを取得するにはDocumentTextプロパティを参照します。

下記は、表示されたページのHTMLドキュメントを参照する例です。

指定したWebページが完全に表示された(DocumentCompletedイベントが発生した)ときにHTMLドキュメントを表示します。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form6_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'Yahooを開く
    WebBrowser1.Url = New Uri("http://www.yahoo.co.jp")
End Sub

' ドキュメント読み込み完了時の処理
Private Sub WebBrowser1_DocumentCompleted(sender As System.Object, e As System.Windows.Forms.WebBrowserDocumentCompletedEventArgs) Handles WebBrowser1.DocumentCompleted
    '★★★読み込んだドキュメントのHTMLをテキストボックスに表示する★★★
    TextBox1.Text = WebBrowser1.DocumentText
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form6_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // Yahooを開く
    webBrowser1.Url = new Uri("http://www.yahoo.co.jp");
}

// ドキュメント読み込み完了時の処理
private void webBrowser1_DocumentCompleted(object sender, WebBrowserDocumentCompletedEventArgs e)
{
    // ★★★読み込んだドキュメントのHTMLをテキストボックスに表示する★★★
    textBox1.Text = webBrowser1.DocumentText;
}

“[Tips][WebBrowser] HTMLドキュメントを取得する” への1件の返信

  1. ピンバック: [Tips][WebBrowser] まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です