[FontDialog][Tips] ダイアログを表示し選択されたフォントを取得する

フォントダイアログを表示するにはFontDialogコントロールのShowDialogメソッドを使用し、ユーザーが選択したフォントを取得するにはFontプロパティを参照します。

下記は、フォント選択ダイアログを表示し選択されたフォントを取得する例です。

選択されたフォントをテキストボックスのFontプロパティに設定させています。

 

VBの例

' [フォントの設定]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnFont_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles btnFont.Click
    '★★★FontDialogを表示する★★★
    If FontDialog1.ShowDialog() = Windows.Forms.DialogResult.OK Then
        '★★★選択されたフォントをテキストボックスに設定する★★★
        TextBox1.Font = FontDialog1.Font
    End If
End Sub

C#の例

// [フォントの設定]ボタンクリック時の処理
private void btnFont_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★FontDialogを表示する★★★
    if  ( fontDialog1.ShowDialog() == System.Windows.Forms.DialogResult.OK )
    {
        // ★★★選択されたフォントをテキストボックスに設定する★★★
        textBox1.Font = fontDialog1.Font;
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です