[Windows ストア アプリ] メッセージダイアログを表示する(1)

Windowsアプリケーションでは、メッセージボックスの表示はMessageBoxクラスを使用していましたが、Windows ストア アプリではMessageDialogクラスを使用します。

まずは、簡単なサンプルを作成しながら確認をしていきたいと思います。

下準備

まずはMessageDialogをテストするためのプロジェクトを作成します。

Visual Studio 2012を起動したら、「新しいプロジェクト」で[Windows ストア]-[新しいアプリケーション(XAML)]を選択して、「MessageDialogSample」という名前を付けます(任意の名前でかまいません)。

次に「ソリューションエクスプローラー」で「MainPage.xaml」をダブルクリックして表示させ、「ツールボックス」で「Buttonコントロール」をダブルクリックして任意の位置に配置します。

配置した「Buttonコントロール」には任意の名前を付けます。ここでは「btnMessage」としました。

次に、btnMessageをダブルクリックして、Clickイベントを作成します。

VB

Private Sub btnMessage_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles btnMessage.Click

End Sub

C#

private void btnMessage_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{

}

以上でMessageDialog確認用の下準備が完了です。


実装

MessageDialogクラスは、Windows.UI.Popups名前空間にあるので下記のようにusingやImportsを追加しておきましょう。

VB

Imports Windows.UI.Popups

C#

using Windows.UI.Popups;

次にMessageDialogのインスタンスを作成します。
MessageDialogのコンストラクタの第1引数には表示するメッセージを、第2引数にはダイアログのタイトルを指定します。

先ほど作成しておいたbtnMessageのClickイベントに下記のように記述します。

VB

Private Sub btnMessage_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles btnMessage.Click
    Dim md As New MessageDialog("Hello, Windows Store Application!!", "First MessageDialog App")
End Sub

C#

private void btnMessage_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    MessageDialog md = new MessageDialog("Hello, Windows Store Application!!","First MessageDialog App");
}

MessageDialogを表示するにはShowAsyncメソッドを使用します。

ShowAsyncメソッドは非同期なメソッドであるため、実行するにはAwait演算子(C#はawait演算子)が必要です。

また、メソッド内にAwait演算子が含まれている場合は、メソッドをAsync修飾子(C#はasync修飾子)で修飾する必要があります。

VB

Private Async Sub btnMessage_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles btnMessage.Click
    Dim md As New MessageDialog("Hello, Windows Store Application!!", "First MessageDialog App")

    Await md.ShowAsync()
End Sub

C#

private async void btnMessage_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    MessageDialog md = new MessageDialog("Hello, Windows Store Application!!","First MessageDialog App");

    await md.ShowAsync();
}

上記を入力し終えたら、[F5]キーを押して実行してみましょう。

[Button]をクリックすると、MessageDialogが表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です