[Windows ストア アプリ] CheckBoxコントロールで3ステートを使用する

CheckBox コントロールはオン/オフ/不確定の3つの状態(3ステート)を使用することができます。

3ステートを使用するには IsThreeState プロパティに True を設定します(既定値は False です)。

チェック状態にするにはIsChecked プロパティに Trueを、未チェック状態にするにはFalseを設定します。

3つめの「不確定状態」は、 XAML では{x:Null} を 、VB.NET では Nothingを、C#ではNull を設定します。

下記は3つのCheckBoxコントロールに、それぞれオン/オフ/不確定を設定する例です。

XAMLの例

<CheckBox Content="チェックオン" IsChecked="True" IsThreeState="True" />
<CheckBox Content="チェックオフ" IsChecked="False" IsThreeState="True" />
<CheckBox Content="不確定" IsChecked="{x:Null}" IsThreeState="True" />

VBの例

'3ステートを使用できるようにする
CheckBox1.IsThreeState = True
CheckBox2.IsThreeState = True
CheckBox3.IsThreeState = True

'それぞれのチェックボックスにオン、オフ、不確定を設定する
CheckBox1.IsChecked = True	'オン
CheckBox2.IsChecked = False	'オフ
CheckBox3.IsChecked = Nothing	'不確定

C#の例

//3ステートを使用できるようにする
checkBox1.IsThreeState = true;
checkBox2.IsThreeState = true;
checkBox3.IsThreeState = true;

//それぞれのチェックボックスにオン、オフ、不確定を設定する
checkBox1.IsChecked = true;	// オン
checkBox2.IsChecked = false;	// オフ
checkBox3.IsChecked = null;	// 不確定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です