[Windows ストア アプリ] アプリバーの表示/非表示を切り替える

アプリバーの表示/非表示はコードから操作することが可能です。

アプリバーの表示/非表示はIsOpenプロパティで設定し、Trueにするとアプリバーが表示されます。

下記はコードからアプリバーの表示/非表示を行う例です。

画面に貼り付けられたToggleButtonの状態(押されているかどうか)で、アプリバーの表示/非表示を切り替えます。

アプリバーの表示/非表示を切り替える例

XAMLの例

<Grid Background="{StaticResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
	<ToggleButton x:Name="ToggleButton1" Content="AppBarの表示/非表示" HorizontalAlignment="Left" Margin="10,644,0,0" VerticalAlignment="Top" Checked="ToggleButton1_Checked"/>
</Grid>
<Page.BottomAppBar>
    <AppBar x:Name="bottomAppBar" IsOpen="True">
        <Grid>
            <Grid.ColumnDefinitions>
                <ColumnDefinition/>
                <ColumnDefinition/>
            </Grid.ColumnDefinitions>
            <StackPanel Orientation="Horizontal">
                <Button Style="{StaticResource EditAppBarButtonStyle}" Click="Button_Click"/>
                <Button Style="{StaticResource RemoveAppBarButtonStyle}" Click="Button_Click"/>
            </StackPanel>
            <StackPanel Grid.Column="1" HorizontalAlignment="Right" Orientation="Horizontal"/>
        </Grid>
    </AppBar>
</Page.BottomAppBar>

C#のコード例(ToggleButtonクリック時)

// ToggleButtonチェック時の処理
private void ToggleButton1_Checked(object sender, Windows.UI.Xaml.RoutedEventArgs e)
{
	bottomAppBar.IsOpen = (bool)ToggleButton1.IsChecked;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください