[Tips][CheckedListBox]項目が選択されたときに、チェック ボックスを切り替える

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


 CheckedListBoxの項目が選択されたときにチェックボックスを切り替えられるようにするには、CheckOnClickプロパティを Trueにします。既定ではこのプロパティはFalseであるため、項目をマウスで最初にクリックしたときは、選択状態になるだけで、チェックボックスのオン/オフは切り替わりません。CheckOnClickプロパティをTrueにすることで、選択と同時にチェックボックスの状態が切り替わるようになります。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    CheckedListBox1.Items.Add("A")
    CheckedListBox1.Items.Add("B")
    CheckedListBox1.Items.Add("C")
    CheckedListBox1.Items.Add("C")
    CheckedListBox1.Items.Add("D")

    '項目の選択と同時にチェックボックスを切り替えられるようにする
    CheckedListBox1.CheckOnClick = True
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    checkedListBox1.Items.Add("A");
    checkedListBox1.Items.Add("B");
    checkedListBox1.Items.Add("C");
    checkedListBox1.Items.Add("C");
    checkedListBox1.Items.Add("D");

    //項目の選択と同時にチェックボックスを切り替えられるようにする
    checkedListBox1.CheckOnClick = true;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です