[Tips][ComboBox] 項目を削除する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxの項目を削除するには、Itemsコレクションが持つRemoveメソッドまたはRemoveAtメソッドを使用します。

Removeメソッドは、ComboBoxに表示されている文字列を指定して削除することができます。また、RemoveAtメソッドは、削除したい項目のインデックスを指定して削除することができます。

下記はRemoveメソッドで項目を削除する例です。

VBの例

'Removeの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E"}
    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '"C"を削除します
    ComboBox1.Items.Remove("C")
End Sub

C#の例

'Removeの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //"C"を削除します
    comboBox1.Items.Remove("C");
}

下記はRemoveAtメソッドで項目を削除する例です。

VBの例

'RemoveAtの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E"}
    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '2番目の項目を削除します
    ComboBox1.Items.RemoveAt(2)
End Sub

C#の例

'RemoveAtの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //2番目の項目を削除します
    comboBox1.Items.RemoveAt(2);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です