[Tips][ComboBox] コードからドロップダウンの表示/非表示を切り替える

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxのドロップダウン部分は、コードから表示/非表示を切り替えることができます。

ドロップダウン部分を開いた状態にするには、DroppedDownプロパティにTrueを設定します。

下記はドロップダウン部分をコードから表示/非表示する例です。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L"}

    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    'ドロップダウンリスト部を表示/非表示させる
    ComboBox1.DroppedDown = Not ComboBox1.DroppedDown
End Sub

 

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //ドロップダウンリスト部を表示/非表示させる
    comboBox1.DroppedDown = !comboBox1.DroppedDown;
}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です