[Tips][ListView] 詳細表示時の列ヘッダーを作成する

スポンサーリンク

ListView コントロールを詳細表示設定にしたときは、列を追加して表示させることが可能です。

列を追加するには ColumnsプロパティAddメソッドを使用します。

Addメソッドには多くのオーバーロードがありますが、もっとも単純な書式は

Add(列ヘッダーに表示する文字列)

です。ただし、この場合は列の幅やヘッダーに表示する文字列の配置位置が自動で設定されてしまいます。

下記の書式を使用すれば、表示する文字列/列の幅/表示する文字列の配置位置を設定することができます。

Add(列ヘッダーに表示する文字列, 列の幅, 表示する文字列の配置位置)

以上を踏まえて、ListViewに列を追加する例を下記に示します。

VBの例

Private Sub Form2_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '詳細表示にする
    ListView1.View = View.Details

    '列を追加する(列に表示する文字列、幅、列に表示する文字の配置位置)
    ListView1.Columns.Add("名称", 100, HorizontalAlignment.Left)
    ListView1.Columns.Add("読み", 150, HorizontalAlignment.Left)
End Sub

C#の例

private void Form2_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 詳細表示にする
    listView1.View = View.Details;

    // 列を追加する(列に表示する文字列、幅、列に表示する文字の配置位置)
    listView1.Columns.Add("名称", 100, HorizontalAlignment.Left);
    listView1.Columns.Add("読み", 150, HorizontalAlignment.Left);
}

コメント

  1. […] 詳細表示時の列ヘッダーを作成する […]

タイトルとURLをコピーしました