[Tips][ListView] 表示項目数を取得する

スポンサーリンク

ListViewコントロールに表示されている項目の数を取得するには、ItemsプロパティCountプロパティを使用します。

下記は[表示項目数を取得]ボタンをクリックすると、現在表示されている項目の数を取得してメッセージボックスに表示しする例です。

VBの例

' フォームロード時にListViewに項目を追加する
Private Sub Form6_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim items(,) As String = {
            {"VB", "ぶいびー"},
            {"C#", "しーしゃーぷ"},
            {"VC++", "びじゅあるしーぷらすぷらす"},
            {"F#", "えふしゃーぷ"},
            {"PowerShell", "ぱわーしぇる"}}

    'ListViiewに項目を追加
    For I As Integer = 0 To (items.Length \ items.Rank) - 1
        Dim itemx As New ListViewItem

        itemx.Text = items(I, 0)
        itemx.SubItems.Add(items(I, 1))
        ListView1.Items.Add(itemx)
    Next
End Sub

' FullRowSelectのチェック変更時の処理
Private Sub CheckBox1_CheckedChanged(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles CheckBox1.CheckedChanged
    '[FullRowSelect]チェックボックスの内容に合わせて
    'ListViewの項目選択方法を切り替える
    ListView1.FullRowSelect = CheckBox1.Checked
End Sub

C#の例

// フォームロード時にListViewに項目を追加する
private void Form5_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[,] items = {
                      {"VB", "ぶいびー"},
                      {"C#", "しーしゃーぷ"},
                      {"VC++", "びじゅあるしーぷらすぷらす"},
                      {"F#", "えふしゃーぷ"},
                      {"PowerShell", "ぱわーしぇる"}};

    for (int i = 0; i < items.Length / items.Rank; i++)
    {
        ListViewItem itemx = new ListViewItem();

        itemx.Text = items[i, 0];
        itemx.SubItems.Add(items[i, 1]);
        listView1.Items.Add(itemx);
    }
}

// [表示項目数を取得する]ボタンクリック時の処理
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    int itemCnt;

    itemCnt = listView1.Items.Count;
    MessageBox.Show(itemCnt.ToString() + "個の項目が表示されています");
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました