[Windows ストア アプリ] ページ間ナビゲーション2

前回はページ間の移動について説明し、最後の方で「ページを移動した後に、入力しておいた文字が消えてしまう」ことについても説明をしました。

この問題は、NavigationCacheModeEnabledに設定することで、解決できます。

コード例は以下の通りです(コンストラクタの中で設定しています)。

VBの例

Public Sub New()

    ' この呼び出しはデザイナーで必要です。
    InitializeComponent()

    Me.NavigationCacheMode = 
        Navigation.NavigationCacheMode.Enabled;
End Sub

C#の例

public MainPage()
{
    this.InitializeComponent();

    this.NavigationCacheMode = 
        Windows.UI.Xaml.Navigation.NavigationCacheMode.Enabled;
}

では実行例を見てみましょう。(ページ移動についてのコードは、前回のコードを参照してください)。

前回同様、TextBoxには「ページ遷移のテスト」と入力して、ButtonをクリックするとSubPageへ移動します。

ページ遷移の例
ページ遷移の例

次に、タイトル「My Application」の左側に表示されている[←]ボタンをクリックします。

最初に表示されていたページに戻ります。TextBoxには入力してあった「ページ遷移のテスト」という文字が残っていることを確認できます。

入力されていた文字が残っていることを確認

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です