[Tips] 設定ファイルを使用する(読み取り編)

スポンサーリンク

皆さんは設定ファイル(Settings.setting)を使用しているでしょうか。

設定ファイルを使用すると、アプリケーションの設定を読み書きすることが可能になります。

今回は、設定ファイル *.settingsファイルの読み取りについて見ていきます。


C# で 「Windows フォームアプリケーション」プロジェクトを作成すると、Propertiesフォルダの下に、Settings.setting ファイルが作成されます。

以下は Visual Studio 2013のC#での例です。

Settings.settingファイル

 

VB.NETの場合は My Projectの下にSettings.settingファイルが作成されます。

VB.NETのSettings.settingファイルの位置


■デザイナで編集してみる

まずは、ソリューションエクスプローラで Settings.settingファイルをダブルクリックしてみましょう。

以下のようにSettings.settingファイルを編集できるデザイナが開きます。

Settingsファイルのデザイナ

*が付いている行は、新規入力ができる行です。

まずは、新規入力行で名前欄に 「Name」、型は「string」、スコープは「ユーザー」、値に「山田太郎」と入力して、保存ボタン(または[Ctrl]+[S])を押してください。

このデータは、string型のNameプロパティに「山田太郎」をセットしたという意味になります。

データの入力

もう1件データを入力してみましょう。

名前欄に「Age」、型は「int」(VB.NETの場合はInteger)、スコープは「ユーザー」、値に「32」と入力して保存ボタンを押します。

このデータは、int型のAgeプロパティに「32」をセットしたという意味になります。

データ入力後は以下のようになります。

データ追加後の画面


 

■コードから設定値を読み取る

Settings.settingファイルに設定した値をコードで読み取るには、以下のようにします。

VBの場合

My.Setting.名前

C#の場合

Properties.Settings.Default.名前

名前には、先ほどデザイナで作成した Name や Ageを指定します。

最後に、実際のコード例を示します。

VBの場合

Dim name = My.Settings.Name
Dim age = My.Settings.Age

C#の場合

var name = Properties.Settings.Default.Name;
var age = Properties.Settings.Default.Age;

 

次回は、Settings.settingファイルへの値の書き込みについて見ていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました