[Tips] 設定ファイルを追加する

スポンサーリンク

新規でプロジェクトを作成したときに、Settings.settingというファイルが追加されますが、新たに設定ファイルを追加することができます。

例えば、ErrorMessage.settingという名前の設定ファイルを追加して、独自のエラーメッセージを管理するといった具合に使い分けることが可能です。

プロジェクトファイルの[追加]-[新しい項目]-[全般]の中から「設定ファイル」を選択し、任意のファイル名をつけます。

VBの場合

設定ファイルの追加

C#の例

設定ファイルの追加


■追加した設定ファイルを使うには

追加した設定ファイルの使用方法は、すでに存在するSettings.settingと同様です。

新規に追加した設定ファイルがプロジェクト直下である場合は、以下のようにしてアクセすることができます。

VBの場合

プロジェクトの名前空間.新規で追加した設定ファイル名.Default.プロパティ名

C#の場合

プロジェクトの名前空間.新規で追加した設定ファイル名.Default.プロパティ名

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました