[NUnit] 期待値と等しくないことをテストする

NUnitを使用して、等しくないことをテストしたい場合は Assert.AreNotEqualメソッドを使用します。

以下は期待値に5、実際の値を4として、等しくないことをテストする例です。

VB.NETの例

<Test>
Public Sub 等しくないことを確認するテスト()
    Dim 期待値 As Integer = 5
    Dim 実際の値 As Integer = 4

    Assert.AreNotEqual(期待値, 実際の値)
End Sub

C#の例

[Test]
public void 等しくないことを確認するテスト()
{
    int 期待値 = 5;
    int 実際の値 = 4;

    Assert.AreNotEqual(期待値, 実際の値);
}

等しくないことをテストする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.