[NUnit] 許容誤差内であることをテストする

NUnitでは、ある値が許容誤差内に収まっているかどうかをテストすることができます。

Assert.AreEqualメソッドの第3引数に許容誤差を指定することができます。

以下は、実際の値が、期待値 ± 許容誤差 であるかどうかをテストする例です。

期待値は5.2、実際の値は5.5、許容誤差は0.5です。このテストでは実際の値が4.7~5.7の間であればテストはOKとなります。

VB.NETの例

<Test>
Public Sub 許容誤差内であることをテストする()
    Dim 期待値 As Double = 5.2
    Dim 実際の値 As Double = 5.5
    Dim 許容誤差 As Double = 0.5

    Assert.AreEqual(期待値, 実際の値, 許容誤差)
End Sub

C#の例

[Test]
public void 許容誤差内であることをテストする()
{
    double 期待値 = 5.2;
    double 実際の値 = 5.5;
    double 許容誤差 = 0.5;

    Assert.AreEqual(期待値, 実際の値, 許容誤差);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です