[NUnit] Nullや空文字かどうかをテストする

NUnitでは、Nullや空文字をテストするために、以下のメソッドが用意されています。

メソッド 説明
Assert.IsNull(検証する値) 検証する値がNull(*) である場合、テスト成功
Assert.IsNotNull(検証する値) 検証する値がNull(*) ではない場合、テスト成功
Assert.IsEmpty(検証する値) 検証する値が空文字 である場合、テスト成功
Assert.IsNotEmpty(検証する値) 検証する値が空文字 ではない場合、テスト成功
Assert.IsNullOrEmpty(検証する値) 検証する値がNull(*) または空文字である場合、テスト成功
Assert.IsNotNullOrEmpty(検証する値) 検証する値がNull(*) 以外または空文字以外の場合、テスト成功

* VB.NETの場合は Nothing

VB.NETの例

<Test()>
Public Sub Nullのテスト()
    Dim 検証する値 As String = Nothing

    Assert.IsNull(検証する値)
End Sub

<Test()>
Public Sub Null以外のテスト()
    Dim 検証する値 As String = "テスト"

    Assert.IsNotNull(検証する値)
End Sub

<Test()>
Public Sub 空文字のテスト()
    Dim 検証する値 As String = String.Empty

    Assert.IsEmpty(検証する値)        
End Sub

<Test()>
Public Sub 空文字以外のテスト()
    Dim 検証する値 As String = "テスト"

    Assert.IsNotEmpty(検証する値)
End Sub

<Test()>
Public Sub Nullまたは空文字のテスト()
    Dim 検証する値 As String = ""

    Assert.IsNullOrEmpty(検証する値)
End Sub

<Test()>
Public Sub Null以外または空文字以外のテスト()
    Dim 検証する値 As String = "テスト"

    Assert.IsNotNullOrEmpty(検証する値)
End Sub

C#の例

[Test]
public void Nullのテスト()
{
    string 検証する値  = null;

    Assert.IsNull(検証する値);
}

[Test]
public void Null以外のテスト()
{
    string 検証する値 = String.Empty;

    Assert.IsNotNull(検証する値);
}

[Test]
public void 空文字のテスト()
{
    string 検証する値 = string.Empty;

    Assert.IsEmpty(検証する値);
}

[Test]
public void 空文字以外のテスト()
{
    string 検証する値 = "テスト";

    Assert.IsNotEmpty(検証する値);
}

[Test]
public void Nullまたは空文字のテスト()
{
    string 検証する値 = "";

    Assert.IsNullOrEmpty(検証する値);
}

[Test]
public void Null以外または空文字以外のテスト()
{
    string 検証する値 = "テスト";

    Assert.IsNotNullOrEmpty(検証する値);
}

以下に、NUnitでの実行例を示します。

NUnitの実行例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です