[SQLite] SQLiteのインストール

スポンサーリンク

SQLiteはアプリケーションに組み込んで使用する軽量のデータベースです。

今回は SQLiteをダウンロードして、Visual Studioのプロジェクトに組み込むまでを説明します。

1.SQLiteのダウンロード
http://system.data.sqlite.org/index.html/doc/trunk/www/downloads.wiki にアクセスして、対象の.NET Frameworkのものをダウンロードします。
.NET Framewor 2.0~4.5までのバージョンがあります(2014/7/9現在)。
また、インストール版とバイナリ版がありますが、今回は .NET Framework4.5.1 のバイナリ 64bit版をダウンロードします。
(使用するOSに合わせてダウンロードします)

ダウンロード

2.SQLite Browserのダウンロード

インストール1

インストール2

インストール3

インストール4
SqliteBrowserのパスを追加するかどうかとショートカットをデスクトップに作成するかを選択。
ラジオボタンの一番上は、SqliteBrowserのパスをを追加しない。
二番目は、すべてのユーザーが使えるようにパスを設定。
三番目は、カレントユーザーのみ使えるようにパスを設定。

インストール5

インストール6

インストール7
3.SQLite Database Browser
SQLite Database Browser でサンプルのデータベースを開いてみます。
まず、 SQLite Database Browserを起動します。
次に [Open Database]ボタンをクリックします。

SQLite Database Browser
ファイル選択ダイアログが表示されるので、C:\SQLite のフォルダにサンプルのデーターベース「northwindEF.db」を開きます。
「Database Structure」タブでは、テーブル一覧とそのデータ構造を確認することができます。

SQLite Database Browser
「Browse Data」タブでは、テーブルを選択してデータを確認することができます。
また、データの追加や削除、フィルタを使用してのデータの絞り込みを行うことも可能です。

SQLite Database Browser
「Execute SQL」タブでは、SQL文を入力して実行することができます。

SQLite Database Browser
そのほかにも多くの機能がありますが、最低限上記機能が使えれば問題ないと思います。
次回は、C#やVB.NETから SQLiteを使う設定について説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました