[Tips] Validatingイベントを使用する その1 ~ 基本的な使い方 ~

Windows Formアプリケーションで入力チェックを行うには Validatingイベントを使用します。

例として、以下のような画面で考えてみます。

画面デザイン

データ1(テキストボックス)に不正な値が含まれている場合に、ほかのコントロールにフォーカスを移動できないようにするには

1.データ1のValidatingイベント内で入力チェックをする
2.不正な値が含まれている場合は、Validatingイベントの引数 e.Cancelに trueをセット

を実施します。
CauseVaidatingプロパティに false がセットされている場合は Validatingイベントは発生しないので注意が必要です。

データ1のTextBoxで「.」を不正文字として扱う時のコード例は以下の通りです。

VBの例

Private Sub txtData1_Validating(sender As Object, e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles txtData1.Validating
    ' 不正な文字「.」が含まれているか?
    If txtData1.Text.IndexOf(".") > -1 Then
        MessageBox.Show("不正な文字「.」が含まれています")

        ' 後続のイベントをキャンセル
        e.Cancel = True
    End If
End Sub

'[キャンセル]ボタンのイベント
Private Sub btnCancel_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles btnCancel.Click
    Me.Close()
End Sub

C#の例

private void textBox1_Validating(object sender, CancelEventArgs e)
{
    // 不正な文字「.」が含まれているか?
    if (txtData1.Text.IndexOf('.') > -1 && this.ActiveControl != txtData1)
    {                
        MessageBox.Show("不正な文字「.」が含まれています");

        // 後続のイベントをキャンセル
        e.Cancel = true;
    }
}

// [キャンセル]ボタンのイベント
private void btnCancel_Click(object sender, EventArgs e)
{
    this.Close();
}

TextBoxコントロールのインベントは、ほかのコントロールへフォーカスが移動するとき以下の順でイベントが発生します。
コード例の中のコメントでも書いていますが、e.Cancel = true は後続のイベントをキャンセルします。

Leave → Validating → Validated

よって Validatedイベントは発生しませ。これにより、ほかのコントロールへフォーカスは移動しなくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください