[log4net] ログを出力する

前回、ログ出力の設定を行いました。
今回は、実際にログを出力する方法について説明します。

log4netでログを出力するにはLogManagerクラスを使用します。
また、ログを出力するには、ログレベルに合わせたメソッドを使用します。
ログ出力に使用するメソッドは以下の通りです。引数にはログとして出力するメッセージを記述します。

メソッド 説明
Fatal システムを停止するような致命的なエラーログの出力
Error システム停止までいかないが、問題となるエラーログの出力
Warn 注意や警告ログを出力
Info 操作ログを出力
Debug 開発用デバッグ情報を出力

コード例は以下の通りです。

VBの例

Imports log4net

Private log As ILog = LogManager.GetLogger( _
    System.Reflection.MethodBase.GetCurrentMethod().DeclaringType)

Sub Main()
    log.Fatal("Fatal")
    log.Error("Error")
    log.Warn("Warn")
    log.Info("Info")
    log.Debug("Debug")

    Console.ReadLine()
End Sub

C#の例

using log4net;
class Program
{
    private static readonly ILog log = LogManager.GetLogger(System.Reflection.MethodBase.GetCurrentMethod().DeclaringType);
    static void Main(string[] args)
    {
        log.Fatal("Fatal");
        log.Error("Error");
        log.Warn("Warn");
        log.Info("Info");
        log.Debug("Debug");                        

        Console.ReadLine();
    }
}

実行結果は以下の通りです。
ログの出力設定で、ログレベルをWarnにしているので、Fatal, Error, Warnの3つのログが出力されています。

実行例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください