[Silverlight][プロパティウィンドウ] 変換 ~RenderTransform~

プロパティウィンドウの「変換」の使用方法について見ていきましょう。

「変換」は主にアニメーションで使用されます。

「変換」は以下のようにRenderTransforとProjectionから構成されます。

RenderTransformではコントロールの平面的な形状を、Projectionではコントロールの立体的な形状を編集します。

「変換」のプロパティ

変換には多くのプロパティがあるので、今回はRenderTransformについて見ていきます。


 平行移動

「平行移動」タブでは、コントロールを現在の位置から平行移動させるための項目です。

「平行」

平行はXとYを指定することが可能です。

平行を設定する前と、設定後の例を以下に示します。

「平行」の設定例

 


回転

「回転」タブではコントロールを回転させることができます。

「回転」

Angleには角度を数値で指定します。

以下は90度を設定した例です。

Angleに90を設定した例


拡大・縮小

「拡大・縮小」タブでは、コントロールを拡大・縮小させることができます。

「拡大・縮小」

XにはX方向の拡大・縮小倍率を、YにはY方向の拡大・縮小率を設定します。

以下はXを2倍、Yを2倍にした場合の例です。

「拡大・縮小」の設定例


傾斜

「傾斜」タブではコントロールに傾斜を付けることができます。

「傾斜」タブ

Xを設定すると、コントロールの上辺と下辺が指定した分ずれます。

Yを設定すると、コントロールの左辺と右辺が指定した分ずれます。

以下は、Xに-10を設定した例です。

「傾斜」の設定例


 

中心

「中心」タブでは、コントロールの中心をどこに置くかを設定します。

コントロールの変形や移動はこの中心位置を起点として設定されます。

コントロールの真ん中に中心を置きたい場合はXとYに0.5を指定します。

「中心」タブ


反転

「反転」タブでは、コントロールの見た目そのものをX方向、Y方向に反転させます。

コントロールはX方向、Y方向に反転させることができます。

「反転」タブ

以下は、X方向を反転させた例です。

X方向を反転させた例

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です