[ストアアプリ][入門] Step56. バックグラウンドタスクを作成する ~その2~

今回は、バックグラウンドタスクを利用する設定について説明します。

最初にソリューションエクスプローラでPackage.appmanifest開きます。

次に、[アプリケーション]タブ内のロック画面通知で「バッジ」を選択します。
(バッジとタイルテキストを選択しても構いませんが、今回は「バッジ」とします」)

[アプリケーション]タブの設定

次に、[ビジュアル資産]タブで「バッジロゴ」を選択し、24×24のpngファイルを登録します。

[ビジュアル資産]タブの設定

今度は、「宣言」タブを選択し、どのようなバックグラウンドタスクを使用するのかを登録します。

「使用可能な宣言」で「バックグラウンドタスク」を追加し、プロパティで「システムイベント」にチェックを付けます。
(次回の記事でタイムゾーンを用いたバックグラウンドタスクを作成します。
トリガーは、前回説明したように様々なものがありますので、作成するトリガーによって適宜チェックを付けてください。)

次に、実際にバックグラウンド処理をを記述するクラスを「エントリポイント」に入力します。
ここでは、前回の記事で作成した BackgroundTaskプロジェクトのClass1を登録するので「BackgroundTask.Class1」を入力します。

システムイベントをバックグラウンドにする設定

以上で、バックグラウンドタスクを作成するための下準備は完了です。
この下準備をしておかないと、せっかく書いたコードが動作しないので注意しましょう。

次回はバックグラウンドタスクを作成します。

One Reply to “[ストアアプリ][入門] Step56. バックグラウンドタスクを作成する ~その2~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください