[Unity] Visual Studio 2013 Tools for Unityの導入

Unity開発をVisual Studio 2013で行えるようにするために、今回はVisual Studio 2013 Tools for Unityを導入します。

タイトルと通り、Visual Studioのバージョンは2013となりますので注意してください。

2013以外にもVS 2010, VS 2012で使用することができます。


Visual Studio 2013 Tools for Unityは、こちらからダウンロードします。

VS2010またはVS2012用は以下のからダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、起動してインストールを開始します。

最初の画面では「I accept..」にチェックを付けて[Install]ボタンをクリックします。

Step1

 

インストールが開始されます。

 

Step2

 

インストールが完了したら[Finish]ボタンをクリックします。

 

Step3

 

インストールが完了したら、Unityを起動し[Assets]-[Import Package]-[Visual Studio 2013 Tool]をクリックします。

Visual Studio 2013 Tools

Import Packageダイアログが表示されます。

あらかじインポートに必要な項目にチェックが付いているので、そのまま[Import]ボタンをクリックします。

Visual Studio 2013 Toolsのインポート

 

Unityのメニューに「Visual Studio Tools」が追加されます。

[Visual Studio Tools]-[Open in Visual Studio]をクリックすることで、Unity対応のプロジェクトが作成されてVisual Studioが起動します。

Visual Studioの起動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください