[Unity] Visual Studio 2013 Tools for Unityの導入

スポンサーリンク

Unity開発をVisual Studio 2013で行えるようにするために、今回はVisual Studio 2013 Tools for Unityを導入します。

タイトルと通り、Visual Studioのバージョンは2013となりますので注意してください。

2013以外にもVS 2010, VS 2012で使用することができます。


Visual Studio 2013 Tools for Unityは、こちらからダウンロードします。

VS2010またはVS2012用は以下のからダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、起動してインストールを開始します。

最初の画面では「I accept..」にチェックを付けて[Install]ボタンをクリックします。

Step1

 

インストールが開始されます。

 

Step2

 

インストールが完了したら[Finish]ボタンをクリックします。

 

Step3

 

インストールが完了したら、Unityを起動し[Assets]-[Import Package]-[Visual Studio 2013 Tool]をクリックします。

Visual Studio 2013 Tools

Import Packageダイアログが表示されます。

あらかじインポートに必要な項目にチェックが付いているので、そのまま[Import]ボタンをクリックします。

Visual Studio 2013 Toolsのインポート

 

Unityのメニューに「Visual Studio Tools」が追加されます。

[Visual Studio Tools]-[Open in Visual Studio]をクリックすることで、Unity対応のプロジェクトが作成されてVisual Studioが起動します。

Visual Studioの起動

コメント

タイトルとURLをコピーしました