[Unity] キャラクターを落下する

前回作成したプロジェクトを起動して、キャラクターを落下させてみましょう。

最初に再生ボタンを押してゲームが実行できるかを確認してみましょう。

再生ボタン

実行されたゲーム画面

現時点ではイメージを追加しただけなので、ゲームのように動くことはありません。


重力を追加する

次にキャラクターに重力を追加します。

キャラクター(スプライト)につけることが可能な物理演算は「コンポーネント」と呼ばれます。

シーンに配置されているキャラクターを選択したら、Inspectorビューで[Add Component]ボタンをクリックして「Physics 2D」を選択します。

Physics 2Dを選択

「Physics 2D」を選択すると、メニューが切り替わります。その中から「Rigibody 2D」を選択します。

Rigibody 2D

Inspectorビューに「Rigibody 2D」が追加されます。

Rigibody 2Dが追加される

この状態で実行ボタンを押してみましょう。

シーンに追加したキャラクターが落下をします。

キャラクターが落下する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です