[UWPアプリ][DatePicker] DatePickerを使用する

UWPのDatePickerコントロールを使用してみましょう。

DatePickerコントロールとは日付を表示/選択するコントロールです。

ツールボックスからDatePickerコントロールを貼り付けると、以下のようになります。

DatePickerコントロール

コントロールは「年」「月」「日」で構成されています。

貼り付けた状態で実行をして、「年」「月」「日」のいずれかをクリックしてみましょう。

以下の図のように、「年」「月」「日」を選択できるようになります。

任意の日付を選択してチェックボタンを押と、選択された内容が確定されます。

×ボタンをクリックすると、選択した内容を破棄して元の状態に戻ります。

DatePickerコントロールの表示

次回は、選択された日付をコードで取得する方法について見ていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です