[UWPアプリ][DatePicker] 日付が変更されたことを知る

DatePickerコントロールで日付が変更されたことを知るには、DateChangedイベントを使用します。

以下のように、MainPage.xaml に DatePickerコントロールと TextBlockコントロールを貼り付けて動作を確認します。

DatePickerの名前は「datePicker」、TextBlockの名前は「textBlock」としています。

画面のデザイン

続いて、DatePickerのDateChangedイベントを作成し、コードを以下のように入力します。

このコードでは、選択された日付をTextBlockに表示するようにしています。

選択された日付はDateプロパティで取得することができます。

private void datePicker_DateChanged(object sender, DatePickerValueChangedEventArgs e)
{
    // DatePickerで選択された日付を取得し
    // TextBlockに表示する
    textBlock.Text = datePicker.Date.ToString();
}

選択された日付を取得

実行結果を見るとわかりますが、時分秒も表示されています。

時分秒を表示したくない場合は、「yyyy/MM/dd」の書式を設定します。

private void datePicker_DateChanged(object sender, DatePickerValueChangedEventArgs e)
{
    // DatePickerで選択された日付を取得し
    // TextBlockに表示する
    textBlock.Text = datePicker.Date.ToString("yyyy/MM/dd");
}

実行すると以下のように年月日だけが表示されるようになります。

年月日のみを表示する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です