[UWPアプリ][TimePicker] 12時間表記と24時間表記を切り替える

UWPアプリケーションでは、時刻の表示/選択用にTimePickerコントロールを使用することができます。

表示は12時間表記と、24時間表記の2通りあります。

切り替えはClockIdentifierプロパティを使用します。

説明
12HourClock 12時間表記
24HourClock 24時間表記

12時間表記する場合のコード例は以下の通りです。

public MainPage()
{
    this.InitializeComponent();

    timePicker1.ClockIdentifier = "12HourClock";
}

実行すると以下の図のように12時間表記になります。

一番左側で午前と午後を切り替えることができます。

12時間表記

 

続いて24時間表記する場合のコード例を示します。

public MainPage()
{
    this.InitializeComponent();

    timePicker1.ClockIdentifier = "24HourClock";
}

実行すると以下の図のように24時間表記になります。

24時間表記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です