[UWPアプリ][ListView] 選択されたアイテムを取得する

ListViewで選択されたテキストを取得するには、いくつかの段階を踏む必要があります。

現在選択されている項目自体は、SelectedItemプロパティで取得することができます。しかし、テキスト部分を取得するには一度Windows.UI.Xaml.Controls.ContentControl型にキャストし、Contentプロパティを参照する必要があります。

以下は、ボタンがクリックされたときに、ListViewの項目を取得してTextBlockに表示する例です。

private void button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 選択されたアイテムを取得
    var selectedItem = listView.SelectedItem as string;

    // アイテムのテキストを表示
    textBlock.Text = selectedItem;
}

ListViewで選択されたテキストを表示する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.