[UWPアプリ][ComboBox] 項目の追加、挿入、削除をする

今回はComboBoxへの、項目の追加、挿入、削除について見ていきましょう。

ComboBoxの項目は、ComboBox.Itemsで参照することができます。

項目を追加する場合はAddメソッドを使用します。

comboBox.Items.Add("リンゴ");
comboBox.Items.Add("ミカン");
comboBox.Items.Add("バナナ");

項目を挿入する場合はInsertメソッドを使用します。

Insertメソッドの第1引数には挿入位置(インデックス)を、第2引数には挿入する項目を指定します。

以下は、ComboBoxの先頭に「パイナップル」を挿入する例です。

comboBox.Items.Insert(0, "パイナップル");

削除をする場合はRemoveメソッド または RemoveAtメソッドを使用します。

Removeメソッドを使用する場合は、以下のように削除する項目を指定します。

comboBox.Items.Remove("パイナップル");

RemoveAtメソッドを使用する場合は、引数に削除したい項目があるインデックスを使用します。

先頭から2番目の項目を削除するには、以下のようにします。

comboBox.Items.RemoveAt(1);

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください