[UWPアプリ][AutoSuggestBox] 候補項目を追加する

AutoSuggestBoxは見た目はTextBoxなのですが、入力した文字に合わせて候補を表示するというコントロールです。

AutoSuggestBox

今回は、候補として表示される項目を追加する方法を見ていきます。

候補となる項目は、ItemSourceプロパティに設定します。

例として文字列を候補項目とする例を以下に示します。これにより、最初に示した図のように項目が追加されます。

List<string> items = new List<string>();
items.Add("apple");
items.Add("orange");
items.Add("banana");

autoSuggest.ItemsSource = items;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください