[UWP][ファイル操作] ファイルからテキストを読み込む

スポンサーリンク

今回は、ファイルからテキストを読み込む方法について見ていきます。

ファイルからテキストを読み込む方法はいくつかありますが、今回はFileIOクラスのReadTextAsyncメソッドを使用します。このメソッドの引数の型はIStorageFile型です。

以前に紹介したFileOpenPickerで表示するファイルを開くダイアログが、ちょうどIStorageFile型です。

ReadTextAsyncメソッドが対象とするエンコーディングはUnicodeです。Unicode以外を開こうとするとエラーになるので注意して下さい。

ここでは、ファイルを開くダイアログを表示して、選択されたファイルのテキストを読み込む例を示します。

private async void button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    var filePicker = new Windows.Storage.Pickers.FileOpenPicker();

    // 選択可能な拡張子を追加
    filePicker.FileTypeFilter.Add(".txt");

    Windows.Storage.StorageFile file =
        await filePicker.PickSingleFileAsync();

    if (file == null)
    {
        return;
    }

    // ファイルからテキストを読み込む
    string text = await Windows.Storage.FileIO.ReadTextAsync(file);
    textBlock.Text = text;

}

以下に実行例を示します。

ファイルを開くダイアログで選択したファイルの内容がTextBlockに表示されています。

ファイルの読み取り

コメント

タイトルとURLをコピーしました