[UWP][全般] アプリデータを簡易読み書きする

スポンサーリンク

今回はアプリデータを簡易的に読み書きする方法を見ていきます。

データベース的な使い方というよりも、アプリの設定を読み書きするような場面で使用します。

アプリデータを簡易的に読み書きするには、ApplicationData.LocalSettingsプロパティを使用しApplicationDataContainerオブジェクトとして取得します。後は取得したオブジェクト.Values[“データ名”]という書式で読み書きを行います。保存したデータはアプリを終了しても残ります。

以下にデータを読み書きするC#のコードを示します。MainPage.xamlにはボタンを2つとテキストボックスを配置しています。

public sealed partial class MainPage : Page
{
    Windows.Storage.ApplicationDataContainer _localSettings =
        Windows.Storage.ApplicationData.Current.LocalSettings;

    public MainPage()
    {
        this.InitializeComponent();
    }


    private void btnGetData_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        // アプリデータの読み込み
        txtData.Text = _localSettings.Values["MyData"].ToString();
    }

    private void btnDataSave_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
    	// アプリデータの書き込み
        _localSettings.Values["MyData"] = txtData.Text;
    }
}

実行例

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました