[UWP][ファイル操作] 最近使用したファイルを取得する(1)

前回に記事で、最近使用したファイル一覧へのファイルの追加方法について学びました。

今回は、最近使用したファイル一覧に最後に追加されたフィルをを取得する方法を見ていきます。

はじめに、前回Addメソッドを実行したときの戻り値が返したトークンがあることを確認します。

トークンがある場合には、前回紹介したMostRecentlyUsedListプロパティを取得し、GetFileAsyncメソッドを使用して、最近使用したファイルを取得します。このメソッドの引数にはトークンを指定します。戻り値は、トークンに対応する最近使用したファイルが返されます。

ファイル名を取得したい場合はDisplayNameプロパティを、フルパスを取得したい場合はPathプロパティを使用します。

// トークンがあれば
if (!string.IsNullOrEmpty(_mruToken))
{
    var mru = Windows.Storage.AccessCache.StorageApplicationPermissions.MostRecentlyUsedList;

    // 最近使ったファイルを取得する
    Windows.Storage.StorageFile recentlyFile = await mru.GetFileAsync(_mruToken);

    // ファイル名のみ取得
    string fileName = recentlyFile.DisplayName;

    // ファイル名を含むフルパスを取得
    string fullPath = recentlyFile.Path;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.