[UWP][クリップボード] クリップボードを使用する

UWPでクリップボードを使用するには、はじめにDataPackageクラスのインスタンスを作成してデータをセットします。

続いてデータを作成したDataPackageのインスタンスを、ClipBbardのSetContentメソッドを使用してセットします。

コード例は以下の通りです。

var dp = new Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DataPackage();
dp.SetText("UWPアプリ");
Windows.ApplicationModel.DataTransfer.Clipboard.SetContent(dp);

クリップボードからのデータ取得する場合は ClipboardのGetContentメソッドを使用します。

クリップボードには様々なデータが格納されるため、取得するデータの種類を指定する必要があります。種類はWindows.ApplicationModel.DataTransfer.StandardDataFormatsが持つ値で指定します。

ApplicationLink
Bitmap
Html
Rtf
StorageItems
Text
Uri
WebLink

以下に種類がTextのデータを取得する例を示します。

var dpv = Windows.ApplicationModel.DataTransfer.Clipboard.GetContent();
if (dpv.Contains(Windows.ApplicationModel.DataTransfer.StandardDataFormats.Text))
{
    textBoxDest.Text = await dpv.GetTextAsync();
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください