[Mac][Xamarin][iOS] UI部品に名前を付けイベントを作成する

前回の記事では、Main.storyboardにUI部品を配置してシミュレーターを起動してみました。

今回は、Main.storyboardに配置した部品に名前を付ける方法と、イベントを作成する方法について見ていきます。

はじめに、前回と同様にMain.storyboardにButtonとLabelを1つずつ配置してください。

続いて、配置したButtonをマウスで選択します。右側にあるプロパティウィンドウのIdentity欄にName欄があるのでButtonに付ける名前を入力します。ここでは「btnShowMsg」と入力します。コードからは「btnShowMsg」という名前をを使用して操作することができます。他のUI部品も同様の手順で名前を付けることができます。

Labelには「lblMsg」という名前を付けてください。

UI部品に名前を付ける

ここでButtonの表面に表示されている「Button」という文字列を「Click Me!」に変更してみましょう。

Buttonの表示テキストを変更

続いてイベントを作成しましょう。

ここではButtonがタップされたときのイベントを作成します。

再びMain.storyboardに配置したButtonを選択します。プロパティウィンドウの上部の「Events」を選択して「Up Inside」の欄に「btnShowMsg_TouchUpInside」と入力し[return]を押します。「Up Inside」とはタップされたときに発生するイベントを表しており、このイベントに付けた名前が「btnShowMsg_TouchUpInside」ということになります。

イベントの作成

ViewController.csというファイルが開き、「btnShowMsg_TouchInside」のイベントコードをどこに挿入するかを尋ねてきます。

[↑][↓]キーで挿入位置を選択して[return]キーで挿入します。ここでは一番下に挿入してみましょう。

イベントの挿入

今度はイベントが発生したとき(つまり[Click!]がタップされたとき)にLabelに「Hello!」が表示されるようにします。

以下のようにコードを編集して下さい。

partial void btnShowMsg_TouchUpInside(UIButton sender)
{
	lblMsg.Text = "Hello!!";
}

Label表面のテキストはTextプロパティで変更することができます。よって上記のコードとなります。

コードの編集が終わったら実行をして確認してみましょう。[Click!]をタップするとLabelには「Hello!」が表示されます。

実行確認

今回はここまで。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です